*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時には映画
別にブラビとアンジー(アンジェリーナ・ジョリー)のFANではないのですが
今日からロードショー開始の「マイティ・ハート~愛と絆」を悪友・ひーちゃんと鑑賞デート

アンジー ←実際のアンジー
 
マイティハート ←この映画だとマリアンヌ

何故この映画を観ようと思ったかというと、2001.9.11米東部同時多発テロ直後、実際にパキスタンで起きたテロリストによるジャーナリスト誘拐事件を題材にした映画だったから。
誘拐され殺害された実在のジャーナリスト、ダニエル・パールの妻が著した手記が元になっています。
知っておくべき現実って世界のどこかに絶えずあると思うのですよ。
ブラッド・ピット製作、アンジェリーナ・ジョリー主演、マイケル・ウィター・ボトム監督。
ハリウッドで、いま最も注目を集めるカップル、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがタッグを組んで贈る感動の実話ドラマが「マイティ・ハート 愛と絆」。パキスタンで取材中にテロリストに誘拐、殺害された実在のジャーナリスト、ダニエル・パールの妻が著した手記に感銘を受けたブラッド・ピットが製作を務め、懸命に夫を捜す妻をアンジェリーナ・ジョリーが熱演する。ふたりの情熱が、観る者の心をゆさぶる深い愛と感動のドラマを作り上げた。9.11テロの記憶も新しい2002年1月。パキスタンに滞在中の米国の新聞記者、ダニエル(ダン・ファターマン)が行方不明となった。妻のマリアンヌ(アンジェリーナ・ジョリー)は夫の安否を心配するが、やがてダニエルが“CIAのスパイ”と疑われ拉致されたことが分かる。(転記)


とにかく登場人物の設定?ていうか背景が複雑
マリアンヌはキューバが祖国なんだけど、フランスで生まれ育っている、でも仏教徒
しかも舞台はイスラム教国パキスタンであり(ついでに女性秘書はインド人)
そして夫ダニエルは純粋なるユダヤ人文化が息づいているが、「ユダヤである」ということを隠している
最初は米国新聞記者ということで“CIAのスパイ”と疑われ拉致されるんだけど、
ユダヤ系と分かってからはイスラエルのモサドだとされたり。
異文化すぎて、ほのぼの一般的日本人である私には想像できない世界が展開されていた。
でも、たった今も起きている世界の現実なんだけれど。

ダニエルが主ではないせいか(マリアンヌが主)ダニエルの功績など彼自身のことは殆ど描かれていない。
とにかくマリアンヌの信念ってのを描きたかったからこうなったんだろう。
でもダニエルの影が薄く、「多分そうだろうけれど、何か物足りない」と言う感じ。
彼のジャーナリズム的な背景を語る場面、もう少し欲しかった。
また、マリアンヌも卓越したジャーナリストであると推測はできるけれど、
その心を語るのは最後の晩餐のシーンのみとなっている。
もうちょっと「ジャーナリズムとは!」と説教臭い部分があっても良かった気がする。
まぁ、逆にいうと、最後の晩餐のシーンで悲しみも理不尽に思う気持ちも乗り越えていく
マリアンヌの信念と強靭な倫理観ってものが強烈にインパクトとして残るのかもしれないけれど。

ただ、アンジェリーナ・ジョリーの慟哭なり号泣なりの演技は素晴らしく
あぁ、演技派だったんだ、とちょっと評価が変わった。


鑑賞後、ひーちゃんと映画についての論評。

重たい重たいっていいながら、「ナイロビの蜂」よりは大丈夫だった。
結局、宗教戦争というか、その民族各々がもつ価値観やら信仰やらって
どうしたって交わることが出来ず、理解しあおうとすること自体がムリじゃないか、
なら、お互い干渉せずにいればイイのに
と言う話になった。
宗教戦争っていうのは、地上で闘争しているようにみえて、実はそうじゃない無形の闘いだからだ。
危険地域だから渡航しないように勧告されていても危険を顧みずその地へ向う人もいる。
よっぽどの信念がないかぎり危険は冒すべきではないし、
巻き込まれて不条理だと思う結果になっても諦めるしかないのが現状だ。
まぁ、島国日本で生まれ育っている私たちって、何を語る権利もないくらいの平和に埋没している毎日なんだけれど。(ミシュランブック売り切れてるー!って探している場合じゃないよ)



で、余談ですが

マリアンヌのお腹の中には赤ちゃんがいるんだけど、
多分ちょうどアンジーも妊婦だったのかな?そのせいか?
全体的にドキュメントタッチなんだけど、アンジーがでてくるのは殆ど室内。
夫・ダニエルの安否を気遣いながら、消息を追う為本部で指揮にとっているが、
私とひーちゃんの一番意見が分かれたところは

アンジーの妊婦腹はホンモノか????

出産シーンまで出てくるし、途中でダニエルがマリアンヌの妊婦腹
(色気のない言い方だ)をさするシーンもあり、

「あれは絶対アンジーのホンモノの妊婦腹よ」@私
「え~?ハリウッドだから特殊メークよ」@ひーちゃん

さぁ、どちらが本当か・・・・・

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 2002年、パキスタンで取材中のウォールストリート・ジャーナル紙の記者がテロリストに誘拐された事件を覚えている人も多いだろう。この事件の全容を、同じくジャーナリストだった記者の妻の視点から描いた。題名は彼女が出版した書籍のタイトルと同じで、「寛容な心...
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。