*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ぶんたん』
20100126090703
今朝の戴きもの『ぶんたん』

長崎ザホンを煮詰めて作ったのだそう


いろんなフルーツがあるのね~o(゜∇゜*o)~♪


お味は美味、で、あまいのに柑橘系独特の苦味がのこる…

なんか歴史を感じる戴きものでした



【ザボン漬け(文旦漬)】 元記事 ⇒  以下転載

ざぼんを砂糖に漬けたものである。
 長崎でざぼんが栽培されるようになったのは、寛政5年(1793年)鹿児島沖で難破した船の乗組員「文旦」が種を持ち込んで以来であるという説と、寛文6年(1666年)ジャワの船主、周九娘が長崎の本草学者「盧草碩(うそうせき)」にその種を伝えて以来であるとも言われる。
 しかし、いずれにせよアジア南部が原産のざぼんが長崎で栽培されるようになった。また、江戸時代唐より果物や野菜の蜜漬物の手法が伝来しており、ざぼんも蜜漬物の材料として使用されていたと推測できる。しかし、本格的に蜜漬けが行われるようになるのは、明治時代の初期白砂糖が輸入されるようになってからである。この頃より商いとしてざぼん漬を製造するようになった。
 戦前まで、ざぼん漬けは文旦漬と呼ばれていたが、戦後になって「長崎のザボン売り」などの長崎物歌謡曲の流行によってさぼん漬けと呼ぶようになった。
 ざぼん漬けはざぼんの表皮と果肉の間の柔らかい部分を漬け込んで製造される。原料のざぼんの厚皮を適当な大きさに切って水にさらしたあと、煮詰めた砂糖の蜜で、じっくり、じっくりと煮込んでゆく。やがて、べっ甲のようなあめ色の輝きが生まれはじめ、最後に砂糖をまぶして、ざぼん漬けが完成される。
良質のものはべっ甲色で一見堅い感じがするが、内部は意外と柔らかくようかんのような歯ざわりである。
Secret
(非公開コメント受付中)

実は…これ。
作ったことがあります(笑)
小さく切って生地に混ぜ込んでケーキを焼いても美味しいです。
え?
ざぼんと文旦って同じ果物なんですか?
私、別の品種だと思ってました。
文旦は高知でたくさん作ってるので毎年たくさん食べますけど、グレープフルーツと同じくらいのサイズですよね。
ざぼんはもっともっと大きいと思ってました。果物屋さんに飾ってあるのは見ても、我が家では食べたことの無い果物ですし。
文旦の皮でなら砂糖漬けやマーマレードを作ったことあります。
>金魚さん
返信おそくなりすみません。

> 実は…これ。
> 作ったことがあります(笑)

うわ、やはりお料理の腕が違いますね!
作ったことが・・・
パンもですけど、軽々と作ってしまう金魚さん、凄いですi-189

> 小さく切って生地に混ぜ込んでケーキを焼いても美味しいです。

なるほどー。これはパウンドケーキということでしょうか?
食べると酸味が残るので、ちょうど良いかもですね。
>睦月さん
返信遅くなりすみません。

> ざぼんと文旦って同じ果物なんですか?

そうみたいですよ。
いや、両方ともあまり記憶にない果物なんですけど
wiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B3)見る限り、

ブンタンの名前については、清国広東省の通商船船長「謝文旦」(しゃぶんたん、潮州語 ジアブンタン)の名前から取ったといわれる。船が遭難して薩摩で助けられた礼として、朱欒(しゅらん)と白欒(はくらん)という珍しい柑橘類をくれたのを植えて育て、広まったといわれる。第二次世界大戦前にはジャボンと呼ばれるのが一般的であり、これはジアブンタン(謝文旦)の略と考えられるが、ジャボンから転じたザボンの名前については、ポルトガル語のzamboa(元の意味は「サイダー」[要出典])から転じたという説もある。

どうやら色んな種類(大きさによるのかな?)があるようです。

> 文旦は高知でたくさん作ってるので毎年たくさん食べますけど、グレープフルーツと同じくらいのサイズですよね。

土佐文旦ですね。最近四国の方からみかんを頂いたのですが、色々な種類が入っていてどれも美味しかったです。
同じオレンジ色の果物なのに味も柔らかさも形も色々あるのを見ていたらなんとなく不思議な気持ちがしました。

> 文旦の皮でなら砂糖漬けやマーマレードを作ったことあります。

ちょっと苦味が残りますよね?そうでもない?
一つ頂いたらちょっと舌が麻痺するような感覚になるものありました(汗
文旦にもいろいろ種類があるってことなんですね。
文旦マーマレードは、文旦の売り場に作り方カードを置いてあって作ったのですが、手間暇かけた甲斐あって、苦味はわずかでしたよ。
作り方は全く記憶にありませんが(^^;
生の果皮が唇にあたると、ビリビリにしびれて危険です。
>睦月さん
> 文旦にもいろいろ種類があるってことなんですね。

多分そうです・・・・今度、四国のお友達に聞いてみますね。
先日、オレンジ、いよかん、はつひめ?、諸々を頂いたのですが
かんきつ類が豊富なんだろうなーって、今更ながらビックリしました。

> 文旦マーマレードは、文旦の売り場に作り方カードを置いてあって作ったのですが、手間暇かけた甲斐あって、苦味はわずかでしたよ。
> 作り方は全く記憶にありませんが(^^;

え?もしかしてなんか特殊な作り方なのかしら。。。なんか入れるとか。
かなりぴりぴりしますよね?やっぱり・・・うんうん。
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。