*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
G.I.ジョー
夏休みに見た映画・その1。

GIジョー 「G.I.ジョー」 娘のリクエスト、一緒に行きました。

公式サイト ⇒ 

 【あらすじ】
1990年代、世界征服をたくらむ悪の組織“コブラ”が各地で活動を活発化させていた。そして、最強のウィルス兵器“ナノマイト”を使い、パリのエッフェル塔を破壊してしまう。元々はNATOによりガン細胞破壊のため作られたが、実際はあらゆるものを破壊する威力を持っていたため、悪の武器商人デストロの手により脅威の兵器としてコブラの手に渡ってしまったのだ。コブラの脅威が各地を襲う中、アメリカ政府が送り込んだ最後の切り札。それは世界中から集められた史上最強の国際機密部隊G.I.ジョー。強靭な肉体、勇気と行動力を持ったエキスパート集団。加速装置付きの特殊スーツを身につけ、数々のガジェットを駆使する極秘のチーム、G.I.ジョー。エジプト、パリ、東京と世界を舞台に、陸・海・空と壮絶なバトルが始まる!
(goo映画より転載)


CGバリバリです、ジェットコースターアクション満載なので、グダグダ考えずに楽しめます。
とういうか、突っ込みどころ満載なので逆に突っ込まず観よう!というか・・・・
(日本のシーンはどう見ても中国、でもハングル話してる、とか。普通壊れるだろう、とか。そのまんまじゃ列車走らんだろう!とか・・・・・盛沢山)

それとは別に、特別に驚いたのは
GIジョー1
ここ↑、イ・ビョンホン演じる悪役忍者“ストームシャドウ”と、レイ・パーク演ずる真っ黒衣装(ずっとこのまま)で一言もしゃべらない“スネークアイズ”の戦闘シーン。

これって、イ・ビョンホンが全部演じているの?そうだったら物凄いわ・・・・
レイ・パークはずっと覆面入りだから良くわかんないけど。
と思っていたら、新作の「グッド・バッド・ウィアード」では吹き替え(っていうの?)なしの全部本人のアクションだっていうからビツクリ(@□@;)
乗馬しながら(それも物凄いスピードで)手綱から手を離し腰浮かせて銃を回転させながらぶっ放す(それも軽そうだけど長い銃)とかね、CGでしょうか?CGでいいよ危ないから!と思うようなシーンも直撮りらしいし。
いままで彼を見ると♪は~らだたいぞうです!を思い出しておりましたが、改めます。

ただ、ちょうど鑑賞した日が8月12日で。
映画では「ナノマイト」はもともと癌治療のために開発されていたのに最終的にウィルス兵器として使われる。
もう、マンハッタン計画(*)が頭にドン!と彷彿させられ、こういう映画は核抑止に繋がっていくのだろうか、それとも逆の方向に行ってしまうだろうか、と啓蒙的な側面を物凄く考えさせられました。
もちろん前者を望むのですけれど。
ハリウッド映画に戦争映画が多いのはやっぱり軍事大国だからなんでしょうね。身近なんだろうな、戦争が。
そんなことをあらためてシミジミと・・・・・・


この作品、ラストは続編を暗示するつくりとなっておりましたので、多分そのうち2作目が出てくるでしょう。フィギャが先行している作品らしいし。次作、観るかどうか分かりませんが、「グッド・バッド・ウィアード」は観にいく予定です、ハイ、娘のリクエストで。

グッド・バッド・ウィアード1 「グッド・バッド・ウィアード」主役3人、アジア~ン
グッド・バッド・ウィアード2 汽車と並走してます!これって馬の視野をすっごく狭めているはず。。。

上写真、真ん中の人見る限り、コメディ映画に見えます(爆)
下写真、馬もハードな場所を走らされてます。物凄く訓練されているんでしょう。そこを観にいくだけでも価値があるかもしれません。
ああ、お金持ちなら乗馬を習いたい・・・・

(*)マンハッタン計画
ナチス・ドイツが先に核兵器を保有する事を恐れた亡命ユダヤ人物理学者レオ・シラードらが、1939年、同じ亡命ユダヤ人のアインシュタインの署名を借りてルーズベルト大統領に信書を送ったことがアメリカ政府の核開発への動きをうながす最初のものとなった。この「進言」では核連鎖反応が軍事目的のために使用される可能性があることが述べられ、核によって被害を受ける可能性も示唆された。なお、以降アインシュタインはマンハッタン計画には関与しておらず、また、政府からその政治姿勢を警戒されて実際に計画がスタートした事実さえ知らされていなかった。(Wikiより抜粋)


まったくもって余談ですが、イ・ビョンホン、アメブロで期間限定ブログをやっております。

次の新作「グッド・バッド・ウィアード」のキャンペーンの一環なんですけど、そこで彼がファンからの体つくりについての質問に返答しています。 ⇒ こちら
まあ、役作りの為にトレーニングと食事制限をしているのは良く聞きますけど・・・・

週に二日筋トレは週に2日やって1日休んで二日やって1日休んで、と言うプログラムに別途ウェイト・トレーニングを毎日45分。それから食事制限が凄い。これって体に良いの??

朝食 ゆで卵の白身、サラダ(サラダは塩・ドレッシングなし)
昼食 鳥胸肉、サラダ
夕食 鮭、玄米(お椀半分)or オートミール

うーん、この食事制限やったら毎晩甘いものが夢に出てきて狂いそう。
以前マイクロDを体験したお友達が
「確かに痩せる!でも、お肉とかうなぎとか夢に出てくるよ。それが切ない」
と申しておりました。

痩せる以外に魅せる、っていう目的があると違うのでしょうね。
やっぱり人様に自分を見せるのが職業のプロは別格です、脱帽。

テーマ : 見た映画の感想
ジャンル : 映画

tag : イ・ビョンホン G.I.ジョー

Secret
(非公開コメント受付中)

トラックバックどうもです。
話はG.I.ジョーからずれまして;;
ビョン様の腹筋を見てきましたよ。
なるほど、あの見事な腹筋の影にはこんな努力が……
食事のメニューがゴールド・ジムに通う人のようです;;
私も観ました
G.I.ジョー。

シエナ・ミラーより赤毛のおねーさんのほうが絶対!いいんですけど。
主役の男がなんかブサイクでイモ臭いんですけど ああいうのがいいらしいのにもビックリ。わからない…。

あの日本を観た後

「あれってどこの国?お坊さん日本人なんだよね?大体ガイジンの子供がどーして孤児なの?」

とか連れに突っ込まれてしまい…。

「あれは妄想だから!」

と答えた次第です。
突っ込み甲斐本当にありました ありすぎました。
>まーちゃん
いえいえ、なんだかワタシごときの映画感想でトラバするのはなんとも気が引けるのですが。。。。。。

アマゾネスの闘いやら他のシーンでも見応えあったんだけど、やっぱりイ・ビョンホンのハリウッド進出を祝いまして(?)絞ってみました。
映画好きの人のレビューに書いていない部分っていうことで。というか、なんだか自分の感じ方って違うんだな~、って実感します。まあ千差万別だってことなんで当たり前なんですけど。
だから話ずれ、歓迎です(笑)

> ビョン様の腹筋を見てきましたよ。

あれ?そちらでレッドカーペットあったんですか?まさかGBW?

> 食事のメニューがゴールド・ジムに通う人のようです;;

ゴールドジムって何?いたれりつくせりセレブジム?
お母様のお弁当も泣けるよね・・・・・・ゆで卵、いくつ食べるんじゃっ!
>プリシラさん
キャストについてはかなり有名じゃないと私にはさっぱり分かりません(涙)
でも、おおそれながら好みを言わせて頂くと

> シエナ・ミラーより赤毛のおねーさんのほうが絶対!いいんですけど。

同じく!

> 主役の男

ラガーシャツが似合いそうな顔の形っていうか。
ラグビーかアメフトやってそうな首の太さだわ~、と脳裏はそればかりでした(爆)

> あの日本を観た後
>
> 「あれってどこの国?お坊さん日本人なんだよね?大体ガイジンの子供がどーして孤児なの?」

いや~、あんなドデカイお坊さん、日本にはいないんじゃ・・・・・
しかし、鋭いツッコミですね、確かにガイジンの子供が孤児ってありえないかも。

> 「あれは妄想だから!」

それは正しいお答えです、アニメが原作ですから(笑)
絶対次回作ありますよ・・・・・だって大統領があーなっちゃってどうするよ?ってENDINGですから。
理屈無しに驚きたい時は是非、ご鑑賞に足を運んでください。
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。