*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半夏生(はんげしょう)
7月2日はうどんの日、讃岐の国から届きました、

日の出製麺所 ぶっかけうどん

大好きな日の出製麺所のぶかっけうどんを頂きました、感謝多謝。
これは3月に頂いた時が(記事⇒)生まれて初めての本格的讃岐うどんで
初めて「ぶっかけ」とか「釜揚げ」の食べ方で「麺」自体を味わったのですが
今回は、まず、茹で上げ水で冷やしたその状態でお行儀悪く数本頂き、
麺そのものの、コシは強く麺は甘め(多分小麦粉の味)を楽しんでから、
高知のミョウガ、小ネギとしそと温泉卵をトッピング、
最後に添え付けの出汁をかけて徳島のスダチの絞り汁もたっくさんかけて、

ぶっかけうどん薬味多し こんな感じ。いただきまーす。


夏至から11日目にあたる2日から七夕までの5日間、「半夏生(はんげしょう)」というそうです。(詳細サイト⇒ 

太陽の黄経が100°になる日、とも言われています。
農家にとっては大事な節目で、田植えをするには夏至では早い、半夏生になったら遅い、つまりこの11日間おてんとう様と相談しながら農作業に励むわけです。
一通り終え、農家の人が一年の豊作を願いながら田植えや麦刈りを手伝って くれた人たちに、その年取れた麦でうどんをつくりふるまったことに由来するそうです。

いいですねー。

ん、じゃあ、信州生まれとしては、「蕎麦の日」ってあるんかな?

と思って調べてみたら・・・・・・  毎月末日だそうで。。。。なんか世知辛い。
そんな頻繁なんかい!と思って調べてみたら

「日本麺業団体連合会が制定しました。昔、江戸の商人が毎月月末に縁起物としてそばを食べていたことに由来しています。細くて長いそばの形状から、身代(しんだい=家の財産)が長続きするようにという願いを込めていたようです。」「366日の旅」より転載)

。。。さようですか。これは野村監督の赤パンツと一緒ですね、縁起担ぎ。

食べ物と生活、知れば知るほど面白い。
食べることも楽しいですが、知ることもまた格別に楽しいですな。


讃岐の国、今年は雨に恵まれますように(祈)

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

tag : うどん 半夏生

Secret
(非公開コメント受付中)

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。