*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時が経つ ということ
先週のこと、と思ったら、先々週のことになりました
月日が経つのがはようございますな
人って年齢を積み重ねるごとに月日が経つのが早く感じますが
それは分母がどんどん大きくなるからだそうで・・・・
つまり、20歳だったら一年の尺度が 20分の1 1/20
そして、40歳だったら一年の尺度が 40分の1 1/40
歴然と40歳の方の一年が20歳の方の半分だと分かります
ということは・・・・・
40歳の人の月日が経つ速度の感覚が20歳の人の半分だって事です 
お~そ~ろ~し~い~

そんなことにもめげず
12月10日、自分の慰労のため有休頂き六本木ミッドタウンへ行ってきました

ミッドタウンツリー  昼間でしたのでツリーしかクリスマス画像はございません

ミッドタウンクリスマス  これは吹き抜けのクリスマスオーナメント

何をしに六本木かというと、悪友・ひーちゃん、淳ちゃんの3人で

国立新美術館 へ ピカソ展 に行ってきました。
&東京ミッドタウン内サントリー美術館。
これはフランスにあるピカソ美術館の修復工事による世界巡回展の一環で、日本は東京の国立新美術館とサントリー美術館の2館にて開催されたものです。(~12/14)
フランスに行くお金と時間はないけれど、六本木に来てくれるなら有休くらいとれまっせ(^^v


続きはピカソ展で感じたこと



ピカソは91年の生涯の間に遺した作品は、油絵、版画、壁画、彫刻、陶芸、コラージュ、パピエ・コレ、舞台衣装など、6万点とも8万点とも言われています。つまり数え切れない。
何故、ピカソの作品がこれだけ一堂に集まっているかと言うと、遺族が相続税として物納したからです。フランス政府は芸術家達亡き後、相続税納税のために相続人が作品を売ってしまうのをしまうのを防ぎ、その芸術を国が保護する制度を作りました。
ピカソ作品を国外に流出させず国の管理下で一ヶ所に集め美術館を作る、その後の入場料収入などの効果を考えても、フランス政府って賢い。流石芸術の国とよばれるだけあります。
ピカソの作品というのは日記であり自伝で、本人自身「私は他の人々が自叙伝を書くのと同じように絵を描く。絵は私の日記のページである」と語っています。
その時々の恋愛、私生活、感情、すべての人間関係が元、というよりそれら自体が描かれているのがピカソの作品です。とにかく破壊と創造を繰り返しひたすら変貌していく様を見せ付けられます。
絶えず変貌していく、だから難解だと言われるのです。

って、難しいウケウリは事前に「西洋美術史~20世紀絵画 ピカソ」という講演に参加したからです。展覧会始まる前の9月の終わりに(;^^
その時点で記事書けよ、というお話は置いといて。

初めてピカソの画集を目にしたのは高校時代の美術部部室でした。
実際、当時の私にとってピカソはわけわからん難解そのもの。
ピカソの若い頃、10代の頃作品はそりゃー巧いものなのです、
それがどんどん崩れていくように見え、何故~???と凡人には解せず。
それは勿論作品もですが、もっと難解だったのは彼の恋愛遍歴。
フランス人的恋愛?蝶よ花よと飛び回るような、しかしそれぞれ情熱的な恋愛を
理解と言うより信じられーん!のお話でした。
だって、地下鉄で改札から出てきた18歳くらいの娘に40過ぎたおじ様が
「君は美しい。ボクと芸術を作ってみないかい?」なんて口説くの見たことないし、
(いや、地元に地下鉄もないが)
なんたってまだ高校生、恋愛は美しきもの結婚は神聖なものだったわけです。

それが年を経て、甘いも苦いも多少は分かるようになり、
「この絵はピカソと当時の恋人が愛し合う世界が描かれています
 至る所に男性のシンボル、女性の象徴が・・・・」と語られて
ふ~~ん、どれどれ?おぉ、見っけ、と探したりして。
ひーちゃんは「もう、どの絵も可愛いわ。このモコモコが」と指差す先に
ケンタウロスが●●する乙女、の絵があったり(ケンタウロスの背がモコモコしてた)
淳ちゃんにいたっては
「ピカソって●倫??元気じゃなきゃやってられないわね~」(●≠不)とケラケラ言うし(;^^

「時が経つ」ということは「それなりの経験」を経ており
変貌しようとしなくても「すべてが知らぬ間?に変貌」していることなのだ
とシミジミ感じた1日でした。
ピカソのもつ速度とは全く違う亀の歩みですけど・・・
天才のスピードってマッハ並みなんでしょうね、
パンパン思考が進んでいくから天才と呼ばれるんだろうなあ。

ヒルズ 車中・助手席から撮影の六本木ヒルズ
ポストビル 人気のポストビル

でも、事前の講演に参加していなかったら楽しみは半減していたことでしょう。
音楽でも絵画でも、旅行でもなんでも、予習というのは大切ですね。
何も知らないで見るのもまた一つの楽しみ方ですが、より深みを得たいなら予習なのでしょうね。
人生いくつになっても勉強で、気力だけは若さを保ちたいと思います(チョイ悲)

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

ピカソ展行ったんですね!
他の所でもやって欲しかったなぁ・・・

予習は大切だと私も思います。
事、あそびに関しては(オイ
下調べして行くのとそうじゃないのは全然
違うよね~
その下調べも楽しかったりします。
強制じゃないから楽しいんだろうけどw
>Ru~さん
> ピカソ展行ったんですね!

行きました♪2館共通券前売りで購入し閉館4日前に。。。(^^;ギリギリ
京都でやるかな?と思ったんだけど・・・
凄かったですよ、点数もですが音声ガイダンス借りたのできちんと年代(女性遍歴)の流れが見れて良かったです。ピカソって求める力が尋常じゃなく膨大で際限ないんだろうなあ、と。

> 下調べして行くのとそうじゃないのは全然
> 違うよね~

行き当たりばったりで探索するのも楽しいけど、それじゃもったいないなって最近富に感じるようになりました。←年?^^;

> その下調べも楽しかったりします。
> 強制じゃないから楽しいんだろうけどw

いえますなー。予習するところから遊びは始まっている感じよね♪
こちらでもありましたが
でも ピカソの個人所有物の展覧会でした。
正直ピカソは怖くて…。

というのも子供の時家にあった画集 なぜかいつもピカソの泣く女が見えるようになっており いくら隠してもいつの間にかそれが手前に。

「呪い???」とか思ってたのですが 大人になってわかりました。 
単にうちの兄がピカソ好きで毎日観てたそうです。(あんまり高尚なお話じゃなくてすみません…)
>プリシラさん
ピカソ、怖いですよね~ ←本気で言ってます
事前の講演会は仕事絡みで参加したのですが、講演聞かなければ
多分行きませんでしたよ・・・・・・だって嫌いだったんですもん、エロピカソ(笑)

ご実家に画集があるなんて、素敵です♪
うちも買おうかと思う(展覧会カタログ)のですが・・・・なにせ高くて&かさばるんですよね~

> 「呪い???」とか思ってたのですが

兄に口をつけて呪い・・・・兄の呪い・・・・・(爆  ←嘘です
お兄さんもしかしてホラー好きだとか・・・ ←冗談です
ピカソって本当にオゲレツな人だと思います、ザッツフレンチ!(念のため、破廉恥ではない)
エロ画を世界的名画に押し上げた人だとも思います
・・・・・・・高尚なお話どころか暴言吐きまくりなコメント返しですみません・笑)
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。