*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徒然
9月。昨今の悲惨な事件、まるで連鎖しているかのように次々と報道されていました。

そんなニュースの毎日の中、ふと思い出しました。
もう10年くらい前のこと。
上の子が幼稚園に入園していて、下の子がまだ入園前だった。

上の子達を幼稚園に連れて行き、入園前の子供たちをつれ、当時仲良くしていた友達のAさんママ娘、Bさんママ息子とうちの娘と3家庭6人でどこかへ向かう車で、いきなりBさんがつぶやいた。

「この子さえいなければ、って何度思ったか分からない」

車に乗る前にBさんちの子が遊び終えなくて手こずった。
出発が遅れたことへの謝罪の言葉とともに発せられたつぶやきに驚いた。
Bさんちの息子、B太くんはとてもやんちゃな子だった。
ちょっと他の子より小さく、でもその分負けん気が強く、ちいちゃな喧嘩は日常茶飯事、Bさんは謝り通しだった。行動も突発的なことが多かったけど(例えばいきなり道路の真ん中に寝転んでみたり)多動症とか病気ではなかった。
Bさんのご主人は、子育てに口も出すが手も出すよ、という協力的な人で、自分に似た性格の息子だったことと自営業だったことも手伝い、よくB太くんを遊びに連れ出していたし、Bさんもご主人も地元の人で実家へは自転車でいける距離、Bさん側のおばあちゃんもよく出入りしていた。
みんな「B太がかわいくてしょうがないの」そう言っていた。
皆で子育てしている状況が、実家が離れている私から見ると羨ましかった部分もあったのだけど・・・・。
それでもBさんの抱えている問題は深かった。
誰にもいえない、相談できない、でも対面上つくろって生活している、そのギャップがつぶやきとして発せられたのだと思う。それでもつぶやけただけ良かったのかもしれない。


また、ネグレクト、いわゆる子育て放棄から起きる悲劇。
息子が小学3年生ごろのこと、同級生の男の子が足を真っ黒にして校庭で遊んでいた。
引っ越してきたばかりの私は思わず聞いた
「どうしたの!?足真っ黒、転んだの?」
「違うよ。風呂に入っていないんだ。」怒ったようにその子は言い捨てた。
周りに聞くと土日は友達の家を渡り歩いており、お母さんがその子に関してだけネグレクトで、有名だった。でも素直な子で他のお母さんには挨拶したり話しかけたり人懐っこい子で、彼も中学3年生になりなんだか何でかたっぽだけ髪長いのよ眉毛半分ないね、という風貌になっちゃったけど、出くわすと今でも恥ずかしそうに挨拶する。その度に、あ、大丈夫ねと安心する、自己満足かもしれないけれど。


悲惨な事件を耳にするたびに「狂ってる」と思うけれど、
よく考えるといつ自分の周りに起きてもおかしくないことなんじゃないか。
実際、以前親しかった人は3人の子供を残して行方不明になった、目に入れても痛くないほど可愛がっていた子供を残して。今でもよく思い返す、もっと話を聞いてあげていれば彼女は出て行くことはなかったんじゃないか。


小さい命を奪う前に、誰か相談できる人がいたら、
相談できなかったとしても、
「うちも大変なのよ~」と他の人の愚痴を聞けたりしたら、
子育てに完璧なんてなくて、それぞれでいいんだって気づけたら、
だれでも同じように悩んでいるんだって分かったら、
こんな事件は起こることなく踏みとどまれたんじゃなかったか、とつくづく思う。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 子育て ネグレクト

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>シークレットさん
ネグレクトもいればモンスターペアレンツもいる、事実は小説よりも奇なり(苦笑)
昔からいたんだろうと思いますが最近は悪しき連鎖で加速過大している気がします。
ネグレクト、私も思いますよ、子育てしないなら避妊しろってね。

子供って愛情を食べて育たなくちゃいけない時期ってあって、愛情を与えられないなら他から得るしかないのです。それが近所のおじちゃんおばちゃん知り合い、学校の先生でも良いって思います。自分は色んな人から愛されているんだって子供が感じられること、そういう社会が大切なんじゃないでしょうかね。そういう環境を作っていける存在でありたいと思います。

そして親の方も同じ、苦しいのは一人じゃないって思える他人との繋がりが大切だと。
子育てって確かに大変な部分もあるけれど、それ以上に子供から与えられる喜びっていうのがあり、差し引きすれば喜びの方が大きいです。
でもね、苦しい時はそれを忘れちゃうのかもしれません、結局一人で子育てしているんだって思ったりして・・・

無いとは思いますが、もしね「あなたは独身だから子育ての苦労が分からないのよ!」って言われるようなことがあったら堂々と言い返してやって下さい、
「だからなによ。アナタは子供から与えられているものに気づいていない!」ってね。
子供は親の所有物ではないし、本当にこれ以上連鎖的に子供が実の親の手にかかって命を落とすような事件が起こり続けることが無いように祈ります。
難しいですよね。アタシも、犬を飼ってから色々勉強になりました。「犬と人間の子を一緒にするな」って怒る人いるんだけど、アタシにとってはあんたの子供よりうちの犬の方が可愛いんで。

プライドを捨てて、他の人に悩みを打ち明けるって、大事ですよね。結構他の人も不幸だったりして、「負け組みの傷のなめあいみたい」って思わないで、「ああーみんな悩んでいるのね」って思えると、すっごい楽になるよねー。

あとさ、子供のこと、なんでも自分の責任とか思わなきゃいいんだよ。うちは、犬を置いて仕事や買い物に行くとき、時々犬が寂しがってくんくん鳴くのね。そういう時は「泣くな!私が24時間いてあげられるわけじゃないんだから」と諭します。だってそうだもん。無理だもん。出来もしないのに「ごめんね~ごめんね~」ってやるのは、甘やかしだよ。出来ないことは出来ないって言えばいいんだよ。

まあ、人間の方が感情が複雑なので、犬のように簡単には行かないと思いますが、基本は同じなのでは、と思いました。
>チュチュ姫さま
人間でなくても自分以外の愛する対象を持つって勉強になるよね。てっちゃんは確かにカワイイ(笑)

人間はプライドで生きている部分もあるけれど、弱さを見せることってある意味必要だと思う。見せることというより自分で自分の弱さを認めることっていうのかな。自分はここが駄目、でもそれは悪いことでも何でもなくて仕方ないの、って。そうすると強くなれる気がするんだけどな。自分の弱さを愛せて初めて他人を許せ、愛せると思う。

なんかチュチュママ、偉いね~。きちんと鉄丸ママしているわ。出来ないことは出来ないっていう、我慢しろっていえるって大切なことだよ~。
基本が同じっていうか、姫がちゃんとてっちゃんを愛しているから同じと感じたんじゃない?
子供は自分の所有物、分身だと思っているママさんは沢山いる。子供の方が愛情に対して賢いから見抜いて上手いように立ち回ってたりするの見かけるもの。
子供も独立した一つの個性だって思ったら楽になるのになー、って思う。
まあ、うちの場合は個性同士がぶつかってすげーことになる場合もないわけではない(なんのこっちゃ)
要するに、自分も他人も「あるがままに受け入れる」ってことじゃないかなあ。それが結局「許す」ことにもなるのでは?

個性がぶつかり合って対立になるのはいいんじゃない?というか、それも「あるがまま」受け入れるべきなのでは、と思います。それこそ百さんが言うとおり、親子でも別の人間なのだ、ということを親も子も学んでいく、という過程なんじゃないでしょうか。
>チュチュ姫さん
私とか姫はちょっと別物だと思うんだけど・・・(^^;

>自分も他人も「あるがままに受け入れる」ってことじゃないか

それができないから苦しいのよって言われたことない?
プライドとか自己嫌悪とか劣等感からくる卑下とか自己防御から抜け出せないっていうか。
そういうことで苦しんでいる人って他の声が何も届かなかったりして。それが歯がゆいこともある。
人って他人との差異を嫌うじゃない?
女性のツレおトイレとかもその辺りの心理かと思うけど(笑)違ったらまずいんじゃないか、何かあるんじゃないかって怖いんだろうね。実際は何もないんだけど。
春に凄くビックリしたことがあったんだけど、今度記事に書こうかな。
って横道それた、ごめん。

>対立

いや、時々凄く傷つけているかもってハッとするときがあるの。親としてどうよ、自分(><;っていう感じに。
でも過程なんだよね、結果はあせらず後ほど。サンキュ!
>人って他人との差異を嫌うじゃない?

うん。アタシは全く気にしないし、気にしなさ過ぎらしい(爆)
>チュチュ姫さま
がはははははっ!(大爆笑)
私は気にしさな過ぎと言われたことはないけど(爆)、差異はあって当たり前、皆同じで安心って言う事に違和感を感じるわ。
というか、人一人ずつ、もしくは人生皆違う事に価値があるわけで。
詩的に言うなら、皆違う、だから全てが尊いと思うわ(逃亡⇒
そうだよ。だから映画のレヴューで自分がいいと思ってたもの私にけちょんけちょんに書かれて怒ってる人とか不思議だよ。みんながいいと思ってたら気持ちわりいじゃん。
>チュチュ姫さま
え?怒っている人?怒っていることを表明しているの?へぇ~。
意見が違うとトコトンどう違うのか聞きたくなるけど、ネットだと大体の人はぶちぎっちゃうよね、怒って。
実はひそかに(小心者なんで)何でぶちぎるんだ?って不思議に思ってる。
いろんな考え方を知るチャンスなのに耳ふさいじゃってもったいないし、仕事とか日常生活でそういう場面はどうしてるんだろうってマジ不思議だわ。
すごいですよ。「死ね」とか書かれちゃう(笑)でもさ、そんなに賛成しないんだったら、「私はこういうところがいいと思いました」って書けばいいのに、とか思うんだけど、それが出来ないってことは、賛成してるんじゃん(笑)。で、反論できなくて悔しいから「死ね」になると。
>チュチュ姫さま
へーっ!!そりゃ災難な。
ネットだと何してもいい、何言ってもいいと思ってるか、
姫のレビューは切れ味鋭いとこあるからグウの音も出なくて捨て台詞ってことかね。
あ、両方かも(爆)
でも、そういう人に限って日常でそういう台詞は言えない人なんだよねえ、多分。

私は逆、日常では「バッカじゃない??」って言えるけど、ネットだと言えないな、文字で残るし真意の雰囲気が伝わらないもん。言葉(文字)が独り歩きするからネットは怖い、って思う。
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。