*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋【加筆】
東京は朝より雨の一日。
昨日からすっかり冷え込んで(実は暖房入れた)毛布の恋しい季節となりました。
そんな中、仕事で郵便局に寄ったら「旅の風景シリーズ 第1集 京都 嵐山~嵯峨野」が売出し中。

20080929134940 旅行に行けないのでせめて切手でも・・・・
 と、購入してみました。
 秋の京都・・・・いくらかかるんだ??

 
そしたら、心ひかれる1枚が。

20080929134938 
 天をあおぎ、笑顔のお地蔵様?仏像?


早速ググって見てみました。 「愛宕念仏寺」
「愛宕」は、「あたご」ではなく「おたぎ」と読むそうで、場所は嵯峨野なのですが、嵐山駅から遠いせいかガイドブックには載っていないことのほうが多いよう。
この愛宕念仏寺には仏像っていうか羅漢なるものが千二百体奉納されているそうです。ここの羅漢は20年前、ここが廃寺同然だったところをご住職になられた西村公朝さんが、修復費用捻出のためもあって、五百体の羅漢を募集したところ、すぐに希望が殺到、最終的に羅漢の数は千二百体になった。つまり一体一体全部違う一般の方が彫られたもの。
どの画像で見ても圧巻です。よく見ると一体一体、どれも違うお顔をされており、子供を抱いた羅漢、お酒をもった羅漢、本を読む羅漢、いろいろな表情があり、その一体一体に彫った人たちそれぞれの思いが込められているのが伝わってきます。

愛宕念仏寺のサイト ⇒ こちら
他様のサイトですがとても写真が綺麗だったので ⇒ fromkiyama

1枚の切手から秋の京都を感じさせていただいた一日でした。

ちなみに「羅漢」とは、阿羅漢(arhan)を省したもので、本来は聖人を意味し、「無学」などとも訳されます。しかし、「無学」は学がないことではなく、学ぶべきものがなくなったと読み、賢人を意味するのだそうです。
「他力本願」もそうでしたが、仏教用語から発した言葉っていうのは意味が深いです。
よく考えると、「無」というのは文字通り「何も無い」「ゼロ」という意味ですが、元から何も無いのか、それともあったものが無くなったのか、両面からありえることで、そしてその二つの意味は両極にあると思います。
とりとめもなく、つくづく色々考えてしまうのは、秋の夜更けだからかもしれません。

テーマ : お出かけ
ジャンル : 日記

tag : 愛宕念仏寺 切手

Secret
(非公開コメント受付中)

京都行きたいねー
京都に最後に行ったのは、10年くらい前。
嵯峨野にも行ったんだけど、「愛宕念仏寺」は行った覚えがないです。
オオーw(*゜o゜*)w 千二百羅漢、見事でしょうねー
ここも自分や家族に似た顔が見つかると言われてるのかな?
今度行く時は、ぜひ足を伸ばしてみたいですねー
>ちゃちゃまるさん
記事にはかきませんでしたが、長渕剛がここの住職さんと交流があり、彼が謹慎したお寺だそうですよ。ライブビデオにも出てくるんだって。このお寺が出てくる歌もあるらしい(^^
私も今回この切手で知りました。
嵯峨野の一番奥にあるらしいですよ。

京都ねー。行きたいけどねー。
私には重たい街なのよ~~~~。(意味不明
はじめまして
こんな切手出ていたんですね。

ここのお寺のお地蔵様のあるところは写真で見るとかなり広く見えるのですが、実際にはかなり狭いです。
また、中でお地蔵様を拝んでいる人にカメラを向けると……いけないところでもあるのです。

嵯峨野散策の一番奥にあるお寺なのですが、そうか、今はメジャーではなくなったのですね。
>さぁこさん
はじめまして。

実際にはかなり狭いのですか。そこに千二百体が奉納・・・・圧巻です。想像を絶する霊圧?でしょうね。
どうやら長淵さんFANには聖地のような場所になっているようです。

蛇足ですが。
この切手は「ふるさと切手・旅の風景シリーズ 第1集」として発行されたもので京都府の嵯峨野~嵐山の写真が使われています。10枚の内容は以下の通りです。
(1) 愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)
(2) 鳥居本(とりいもと)
(3) 化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)
(4) 祇王寺(ぎおうじ)
(5) 二尊院(にそんいん)
(6) 落柿舎(らくししゃ)
(7) 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)
(8) トロッコ列車
(9) 保津川下り(ほづがわくだり)
(10) 渡月橋(とげつきょう)

サイトは⇒ http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/furusato/2008/h200901_f.html
この切手シリーズ第2集は祇園が中心でもう発行されております。
こちらも購入したので、今度記事にしてみます。

コメントありがとうございました。どうぞまたよろしくお願いします。
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。