*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休み日記
ここ数年、夏休みにはネットで知り合ったお友達に会うのが恒例となってます、
今年は関西より東京へ遊びに来たimoちゃん母子と品川でデート。

そして行ったのはこちら
海底トンネル エプソン品川アクアミュージアム(浴衣で行くと半額でっせ。)

こじんまりとした水族館ですが、入り口直ぐの海中トンネルは見もの。
世界唯一の展示をするオーストラリアから来た「ドワーフソーフィッシュ」、成長すると約7mにもなるエイ「グリーンソーフィッシュ」、海底トンネル天井に張り付いてるのこぎりザメ(下写真真ん中)など中々楽しめます。
imoちゃんちの息子君、大興奮!&ママ二人も大興奮!カメラ撮影に慣れすぎているペンギン君も可愛かった。(下写真右)

まんた? のこぎりざめ ぺんぎん

半額になるなら浴衣で行こうかと真剣に考えましたが、夜の会食が別にあったのであきらめていたら、imoさんが宿泊したホテル(品川)のカードキー持って行くと300円引きになりました。
これは株主ご優待割引よりお安い。(株主優待は200円引き)
品川周辺のホテルへお泊まりの方はホテルフロントに聞くと良いですよ。
ちなみにこのホテルはTDLへの無料送迎リムジンバスのサービスもあり。
(品川からTDLへ電車で行こうとすると東京st.の京葉線乗換えが半端じゃなく大変、 JRから地下に潜ってひたすら歩く・・・・・お気をつけあれ。)

本当は品川プリンスでゆったりアフタヌーンティーでも・・・と思っていたけど、アシカショーの待ち時間(1時間半)に席(息子君の分)を確保しながら後ろ立ち見場所でママ達はひたすらおしゃべり。
ま、お上品&お高いレストランよりずっと私達らしかった。
水族館出て息子君と一緒にガチャポンやってソフトクリーム食べてバッチリ遊んで、何よりもimoちゃんの息子くんが水族館を思い存分楽しんでいたから全部OK♪
imoちゃんとのお付き合いはいつからだっけ?
確か友達の友達の繋がりって感じで誰かのブログのコメント絡みが最初で、ボケと突っ込みが双子のようだと言われ急速に仲良くなった、と記憶。
imoちゃんは実生活とネット生活の切り分けが凄くきちんとしていて、自己管理能力に長けている人。料理を頑張りたい、と思ったらキチンと頑張るし、掃除を頑張りたい、と思ったらコツコツと小さな事から積み重ねるし、息子クンのこともそう、向き合って一緒に頑張れる人。そういうことって出来そうで中々出来ないことで、キチンと頑張れるimoちゃんは本当に尊敬しております、はい。くじけてダレてネットにまみれそうになった自分を何度救い出してくれたことか!(←大袈裟)そのまま素敵主婦の道を歩んでいって、いつまでもお手本でいてくださいね。(とプレッシャー)で、そうなるとimoちゃんが姉で良いんじゃない?(爆!)



さて、夕方まで水族館を楽しみ、その後、二人をお好きな駅まで送り届け、一人
新宿3丁目タイ料理レストラン クルンテープ へ。

新宿の夜はタイへ移住するトムヤンクン(仮名・♀)さんの送別会。
九州からもこの送別会に駆けつけた方もいて、まったりタイ料理を楽しみました。
以前、別の友人が家族でタイ赴任前に送別会と称して地元でタイ料理屋へ行こうとしたら、その店、当日お休みだったのかテーブルの上にお布団がひいてあり(今まで寝てたぞ状態)回れ右、で帰ってきた苦い思い出が・・・・・。
それ以来タイ風なものは食べたことがあっても、本格的なものはお初。
それもタイ料理の達人・トムヤンクンさんのお奨めのお店だったので決まった時から楽しみにしていて、&期待に応える美味しさでした~♪
韓国料理はしょっぱ辛いけど、タイ料理はスッパ辛い感じですね。海鮮と野菜が豊富なのが嬉しい♪しばらくマイブームになりそう。

ソムタム ← ダイコンに見えるのは青パパイヤ

青パパイヤは消化されずに腸内お掃除してくれるって言ってたけどホントかな?
かなり辛いサラダで、後からジンジンですが、やみつきになりそう!
トムヤンクンさんはタイ語の先生で、お店の人とタイ語で話します。タイ語をゆったりとした手ぶり付で丁寧に話す彼女、惚れ惚れ。
タイ語って挨拶のとき、きちんと手を合わせて合掌するのです。言葉と共に気持ちがこめられているようで、本当に美しい挨拶でした。仏教の国だからでしょうか?タイにおいては、仏教徒の男子はすべて出家するのが社会的に望ましいとされており、トムヤンクンさんのご主人(タイ人)も出家経験有り。出家してもいつでも還俗することができるので、生活の一部として出家がある、というか。未知な国なので今いちばん魅惑的に感じております。

その後、数メートル移動して女性は安全な町、と言われる新宿2丁目へ。ご一緒した方の行きつけのお店へ連れて行ってもらいました。普通のカウンターバーです、置いてある雑誌とかはそちら方面らしかったですが、マスターの趣味が前面に出ていて大きなハイビジョンスクリーンでカイリーのDVDが流れていました。
ネーミングからして面白い店もあります、今回見つけたのは「コレ●テロール」という名のお店。ドアが開いていたので皆でチラっと覗きましたが、普通の大きさ(!!)の方のみでした。
そんな名前さえもおしゃれに感じてしまう不思議な町です。
ちなみにこちら↓がカイリー・ミノーグ
 ようつべ ⇒ カイリー・ミノーグ


余談ですが。
私が新宿2丁目に初めて行ったのは18才の時。当時お世話になっていたお友達のお母さんの絵の先生に何回か連れて行ってもらいました。全然訳も分からず来てしまいました~、という感じでしたけど、トークが面白いお店で楽しかったのを覚えています。そのお店、またお料理が上手で!生ホウレンソウのサラダはその時教えてもらった思い出多きレシピです。

最近の新宿2丁目。女性同士のお客さんも多いそうですが、ちょっと勘違いのケース、何でもやっていい、言っていい場所だと間違えて騒がれる女性客もいるそうです。勿論そういうお客さんは嫌われるわけです。
以前、若いゲイの方のブログのコメントに「私、是非ゲイの人とお友達になりたいんです。見たいんです。」とカキコしている人がいて、なんじゃこりゃと他人事ながらなんか悶々とした気分になったことがありますが、そういう人が行ってらっしゃるって事でしょうか。それともTPOに合わないことをするのかな。ホテルのバーに居酒屋のノリを持っていったら、もしくはキャバクラのようなはしゃぎ方をしたら(行った事ないので想像)迷惑な勘違いヤローです。完全ショーアップ化しているお店へどうぞ。
ニューハーフショーとか見たい方は、はとバスツアーにありますので、どうぞそちらを。
どんなことにも礼儀は必要です、お気をつけあれ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

いい気分♪
うふふ、褒めてある部分を何度も読んいい気分になってます~(笑)
人間、やっぱり、いくつになっても誰かに褒めて欲しいものよね。

しかし、なかなか日記がUPされなかったので褒める方向で書くようにと注文をつけたのが悪かったかなぁ~と心配しました(笑)
まあ、結果オーライってことで。エッ!?

今回は、私的には、優雅にアフタヌーンティーが出来なかったことが残念でした。
次回こそは、ゆっくりまったりと姉さんと大人の時間を過ごしたいです。
そして、あの方達ともお会いしてみたいなぁ~

貴重なお時間をご一緒していただいてありがとうございました。

PS.何を言われようと、姉さんの方が年上なので姉ですから~(笑)
No title
とても濃い一日だったんですね~!!
水族館は見ているだけで和むし、涼しそう!!(笑)
タイ料理、食べた事無いので挑戦してみたいですね。
・・近くに料理屋さんがあるかどうか・・だけどww
保守的(?)な私は同じものばかり注文してしまいます・・・。
>imoちゃん
そそ、産みの苦しみってーの?なーんてね(。-∀-)ニヒ
褒めて伸びる子だったのか!じゃ、週刊で褒めメール送ったろか?(笑)
こちらこそ楽しい息子君との一時をありがとう♪いい子だったわ、将来楽しみ。結婚式には呼んでね(え?

大人の時間ねえ・・・じゃ、ピエールマルコリーニ銀座で「愛がなくても喰ってゆけます。@Yながふみ」ごっこしよう(←コドモ)ちなみに予算は2500円だ(爆!)
>金魚さん
そうなんです、夏休み限定ですが濃い一日を過ごしましたです♪

タイ料理、美味しいですよ~、ただ辛すぎて時々お尻まで辛く(察してねw)なりますが(^^;
韓国料理よりタイ料理のほうが酢っぱい感じで私には良いかもです。
実は私もかなーり保守的な人間でして・・・・マヨネーズ食べないし(←関係ない)
なんで、時々やるんです、友達に全部任せてみるって挑戦を!今度記事にしてみますね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>シークレットさん
ありがとうございます(^^v
前科?いや違う、前歴?飛び火?それも違うか、ま、そんなこんなで(だから何

そうだな、私自身連れて行ってもらった事しかないのでよく判らないのですがそうらしいですね。
会員ONLYの店も連れていかれましたが中々凄かったですよ。(だから何がっ

オフ会ね、好きというか、アレは不思議な感覚ですよね。
ネットって距離感があやふやじゃないですか。
で、目の前に現れて一緒に過ごす、別れもなんだかちょっと現実味がない、っていうか。
リアルの友達だとちょっと離れただけで寂しかったり実感的な距離感があるんですけど、ネッ友さんには何故かそれがないんですよね。
この感覚が何なのかはまだ掴めないんですけど。
今回のトムヤンクンさんもタイに移住されてしまうから簡単に会えなくなるんだけど、しょっちゅう会ってたわけじゃないからか、なんだか深刻な別れじゃなくていつでも会えるわよね~的な。
なんだろ、時間っていう軸がないっていうか、なんか違うのかな。ま、探求するようなことでも無いのですがね。
実はチャット⇒オフ会って流れは未経験です、逆はあっても。意外?(笑)
上京されることがあったら是非お声を!お待ちしております♪
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。