*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いじめって何
いじめってなんだろうって考える。
いじめをなくそうって言うけれど、本当のところ、それは無理だと思う。
人間って全てが善ではないし、誰もが弱い部分と強い部分をもっていて、
嫌なことを抱えていても、そこから逃げられない時に、まったく他の事に関して攻撃的になることでバランスを保ったりするから。


夏休み中にPTA主催の暑気払いがありまして、その際にある先生と話し込みました。

「いじめってなくなるって思います?」

「いやー、無理でしょう」

勿論、なくそう!というスローガンの元様々なカリキュラムがあり、指導があり、と力を入れてはいるけれど。それら各々はいじめるなっていう牽制なり抑制なのかな、と思う。

いじめはしてはいけない ⇒ してはいけないものだという認識を持て

という感じ?
でも、いじめている子っていうのはその時はそれなりの理由を振りかざして
正当化して「いじめをしている」ということから目を背けてやっているんですよ。
その理由の善悪ではなくて、理由の有無、それだけ。
そこには認識なんて吹っ飛んじゃって、あるのは正当化された理由のみ。
だからいじめに対する罪悪感ってないんじゃないかな、と思う。
理不尽な理由の上に傷つけられる子にとってはたまったものじゃないのですが。

別にいじめは子供だけの世界ではなくて、割といい歳になった大人間でも存在します。いつまで経っても自分と違うこと、理解できないことに対して寛容になれず排除しようとしたり攻撃的になったり、という心の動きは誰にだって多かれ少なかれあるでしょう。
ただ、それを自分の中で抑制できるかできないか、消化させるか発散させるか。
そこが最初の分かれ目ではないでしょうか。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
これ、難しい問題ですよね。
いじめにあった事がある子供達の数は膨大だと思いますし。
私も絶対に無くならないと思うし。
イジメている子は確信犯でやってる子もいれば無意識にやってる子もいますしね。
どこまでがイジメなのか。
その子が不快に思った時からイジメだと思う人もいるし、これは違うでしょ~!と思う人もいるし。
ボーダーが引きにくいのですよね。
何処からがイジメなのかそうでないのか。
本人達にしか分らない事もあるでしょう。
でも、人から悪意を持たれるのはそうとうにキツイです・・。
イジメを苦に自殺したりする気持ちってわかるから。
強い子ばかりじゃないです。
何か一つでも未練があると思い止まれるのですけどね~。
>金魚さん
こんなに重たいテーマにコメントありがとう。
いじめ、受けたほうに蓄積されるトラウマって想像絶するほどのものだと。

で、教育の現場から(笑)
最近言われるのは、いじめる方も問題を抱えていて、いじめることでサインを出している、って事です。
優等生タイプに多いのですが「えええっ???」ってな子がいじめる側だったりするのです。
こう書けば先生安心するでしょ?こうやれば先生信頼するでしょ?っていう、道徳とかで一番に手を挙げる子、で模範解答のような自分の考えを言う子、こうしてれば親は安心するでしょ?って分ってる子、所謂イイ子でいることのマニュアルって感じなことが分っていて、それを実践する子って多いです。
で、こういうタイプの子が大変なんだそうです。
&全部が全部とはいえませんが、このタイプの場合、家庭が教育熱心だったりするのです。
こうあるべき、っていう親の躾を小さい時から受けてきて、強制的な正論への反発を他者に向けるのですね。

どちら側にいたにしろ、子供が発するサインには気をつけろ、と言うことだと思います。
親としてみると、ひたすら「愛しているよ」のサインを子に示すした手立てはないのかな、と感じています。外で色んなことがあってもアナタには居場所があるんだよ、って示してあげる。
難しいですよ、親って。まあ、なろうと思ってなるものでもないのですが。
って、何書いてんだwwww

それから思うのですが、親じゃなくたっていいのですよ、気づく人。むしろそうじゃないほうがいい場合もあるとも思います。大人の目、第3者の気持ちでも、子供が自分の存在を見ていてくれる人の気持ちを感じられれば。と、思います。

多分9月はこんな記事が時々続きます、ごめんなさいね。
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。