*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生まれ変われるなら
同僚・朋ちゃんに「生まれ変われるなら誰になりたいですか?」と聞かれたので

080919_0019~0001  ← 「小泉今日子」

と答えたら非常に驚かれました。え、そう??

別に「いつまでもアイドルっぽくいたい!」 ←現時点で程遠い
とか「いつまでも踊って歌ってキョンキョンと呼ばれたい」 ←はぁ
とか「20歳年下の彼氏が欲しい!」 ←それじゃ息子じゃ!
とかではなく。
綺麗な女優さんやカッコいいアラフォーのタレントさんは沢山いるんだけど、
小泉今日子っていう人は力まずに生きている感じがする。
飾らずに自然に生きている感じがするんですよ、友達になれそう、と思えるから、つい言っちゃったんですが駄目でした?
別に出演映画見ているわけでもないし、カラオケで歌うわけでもないし、読売新聞の読書委員の記事を読んでるわけでもないのです、はい。

そんなキョンキョンが新しい映画の宣伝でTVに。
(↓は本。ちなみに原作は脚本からなので、この本は映画に忠実)

トウキョウソナタ(竹書房文庫た1-1) (竹書房文庫 た 1-1)トウキョウソナタ(竹書房文庫た1-1) (竹書房文庫 た 1-1)
(2008/09/18)
田中 幸子

商品詳細を見る

そのインタビューの中で、
「恋人がいても家族がいても、淋しいって孤独を感じるって、 一人でいる孤独よりも哀しい。」って言っていて、あ、分かる分かるよ~っく分かる、って朝から納得。
孤独の種類が違うっていうか、恋人家族といて感じる孤独感って自分という個人を見てもらっているのか、母でも恋人でもない自分ってどうだろう、それでも必要とされそう?って言う疑念から生まれるのかな、と思う。
家庭があって家族がいて、でも何かもっとこうだったらいいのに、って思う自分もいて。でも、そう思っちゃいけないのかも、って悩んだり。子供がある程度大きくなって、手をかけなくてもいい感じになって、まあ心配事は減らないけど内容は変わってきて、自分の時間もできてきて、そして子供がいつか自分と対抗してきて、「あ、反抗期?」自分もあったなー、って思う間もなく反発食らったり。
そういえば「『くそババァ』洗礼、受けた?」って男の子の先輩ママに聞かれたっけ。まあ、言われないにしても昔は色々話してくれてたのに自分の用事しか話さなくなったとか、よく聞く話。
というような、成長過程の間での状況になると周りのママ友さんみんな趣味に走って、なにか自分の没頭できるものを探して自分の存在価値を見つけて、って自分の中に根付けようとしている感じがする。
丸3年前にヴァイオリンを習い始めた朋ちゃん(中学生男子ママ)曰く
「自分、ヴァイオリンがなければ駄目になってたと思う。」
女性、それも主婦のアラフォーってもう一度自分を取り戻したいって言う年代なのかも。
自分を再生させる、というか内面的にもう一つ何か自分の存在を確認する何かを生み出したいのかもしれない。


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

いや~、そんなの独身でもありますよお。私は結婚も子供もイヤ!人のために生きるなんて絶対イヤ!って書くと本当に自己中で我がままなんだけど、マジそういう人なので、こんな生き方していますけど、それはそれで、「ああ、こんな他人に何も還元できない人間になんの価値があるのだ」なんて思っちゃう。

要するに人って常に自分の存在意義を探しているんじゃないかと最近思いますよ。
>姫さま
>「ああ、こんな他人に何も還元できない人間になんの価値があるのだ」なんて思っちゃう。

姫、何言ってんの!(怒)
少なくとも私は姫に沢山のモノを貰っているよ。この間の井戸端会議(?笑)でもそう、いろんなこと気づかせてくれた。
綺麗事でいうなら、必要の無い人間、価値のない人間なんていないのよ。
綺麗事で無い言い方で(変な日本語だ)ストレートにいうならそんなストレートな姫を育ててくれたご両親に感謝してる。←私も一応親だから、どうしてもその観点で見ちゃうの。

>要するに人って常に自分の存在意義を探しているんじゃないか

うんうん、そうなのよね、死ぬ瞬間までそうだと思う。
人間って結局は一人なのよ、家族があってもなくても。姫はレビューしてたっけ?『イントゥ・ザ・ワイルド』って言う映画。
実話なんだけど、真の自由や幸福とかを求めて旅を続けた結果、アラスカで餓死しちゃうお話。まあ、反面教師的な作品なんだけど、幸福とは人と繋がることじゃないか、っていうのを最後餓死しながら得るという・・・。
人の存在価値って人と繋がる事でしか実感できないものだと思わん?まあ、どこで繋がるか、どこに繋がりを求めるかってことが次のステップだけどね。
はっ!語りすぎたっ、失礼っ(逃亡⇒
>必要の無い人間、価値のない人間なんていないのよ

そう言ってくれるのは嬉しいのですが、やっぱ違うんだって。アタシは、自分の意思で発信しているものが、たまたま誰かの役に立つ、という生き方しか出来ないわけだけど、子供がいる人とか、結婚している人というのは、やらねばならぬことをやり、与えねばならぬものを与えるわけよ。それは自分の持っているもの以上のものかもしれない、それを渾身の力を振り絞って与えていくわけですよ。

私は自分の力の範疇でしか与えないもん。いや、でももちろん、百さんみたいに「役に立ってるわよ~~」って言ってくれる人がいるととても励みになるよ!やっぱりなんだかんだ言っても、そういうリアクションが欲しくて与えるんだもんね。それにブログ媒体だと安っぽい友情みたいに思うかもしれないけど、ブログで知り合った人たちは、顔が見えないからこそ本音を語ってしまう、ということは良くあるので、結構大事なんだよね。
>姫さま
>やっぱ違うんだって

未婚か既婚か、子持ちかDinksか、異性愛者か同性愛者か、色々な違う立場同士が「いや違う」「違わない」っていうのは難しいわよ。
お互いの立場って経験しないと本当のトコロは分からないものだから。
でも、確かに渾身の力を振り絞って与えていく立場に立つけどね、パートナーを持つってそういうことだから。

>顔が見えないからこそ本音を語ってしまう、ということは良くあるので、結構大事

私はブログを通して知り合った人に割りと会ったことがある方なんだけど、実際会ってから疎遠になった人もいるし、根強く続いている人もいる。どこで出会ったとしても相性ってあるんだよね。
顔が見えないからこそ守らねばいけない礼儀もあるけど、本音を語りたいし聞きたいからネットにいるのよね、私。それがなきゃリアルの人間関係をもっと蜜にするわ。まあリアルでも本音勝負な人なんだけど(笑)。
広いネット世界の中で惹かれるっていうのはもう、野生の勘で自分の中のかけてるピースを埋めるために呼ばれているような気がする。私にとって姫もそのピースの一つを持っている人で、役に立つっていう次元は超えているかと。ネットってとても不思議な媒体で、神様からプレゼントを貰っているような気になる時がある。(特定された信仰は持っていないけどねw)
だからやめられないしここは長く続けたいわ~。
非常に面白いな、と思うのですが、自分の親友とかには却って「絶対言えない」というようなことでも、ブログを通してしか知らない人には結構打ち明けられちゃったり。この間の「いじめ論争」でも、「親に話してくれないのでは」つーのが話題になったけど、「近すぎて言えない」ってこともあるのかもね。
>chuchu姫さま
>ブログを通してしか知らない人には結構打ち明けられちゃったり

そうよね~。
その為にブログやっている人って多いと思う。匿名を守ってなら自分の重荷を軽くできるかも、変えられるかもって考えるものね。
それにリアルでは到底できない経験ってものが確かにネット上には沢山転がっている、場所も年齢も飛び越えて出会えるしね。そういう非日常的な背景が「近すぎて言えない、聞けない」ってことを可能にさせてしまうのかもしれない。
私がブログ始めたのは「自分が面白いと思ったことを同じように面白いと思ってくれる人」に出逢いたかったからなんですけど、ネットって世界中に発信できるから、そういう目的果たしやすいよね。ネットがない頃は、自分の住んでる狭い地域で、もんもんとしていたものだけど。

まあ、顔が見えないからだまされてしまって、共感を得たと思ってリアルで会って、殺されてしまったりする人たちも実際にいるんで、一長一短ではありますけど、つか、どんな媒体でも、どんな世界でも、自分が賢く生きなくちゃだめだよな~と、つくづく思う。

話それた。ごめん。
>chuchu姫さま
>「自分が面白いと思ったことを同じように面白いと思ってくれる人」に出逢いたかったから

昨夜は自分がイマイチじゃね?って思ったことを同じようにイマイチじゃね?って思ってくれる人に出逢っちゃって中々スッキリ致しました(サンキュ)

ネットがもたらしている生活の変化っていうのは恐ろしいくらいの力があると思う。良きも悪しきもね。
共感を得たとしてもやっぱり仮想空間を経ているわけですよ。そこを踏まえていかないと、ネットに呑み込まれてリアルを掴めなくなるんじゃないかな、って思う。危険感知力が劣り最悪な場合殺されたり、もしくは無差別大量殺人に走ったり(秋葉原の事件のように)ね。
リアルあってのネットなわけで、心がネットに主管されては駄目なのよ。って自戒の為に断言させていただきます(笑)

こういう話を姫としていると永遠に続くような気がする。でも、私は普通のオバハン、それがリアル(爆)
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。