*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試写会『僕の彼女はサイボーグ』
♪よるの~しんじゅく~
へ、娘っ子と行って来ました、試写会

僕カノサイボーグ  僕の彼女はサイボーグ


【ストーリー】
ひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。寂しい大学生ジロー(小出恵介)の前に、突然キュートな“彼女”(綾瀬はるか)が現れる。彼女と過ごした数時間は人生の中で最も輝ける時間となるが、突然彼女は姿を消してしまう。1年後の21歳の誕生日、ジローは再び彼女に出会う。似ているけれどどこか違う、“完璧”な彼女に。しかしそれは、決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋”の始まりだった―。
(C) 2008 「僕の彼女はサイボーグ」フィルムパートナーズ


日本の恋愛モノ、というより完全に韓流恋愛SF映画です。
監督が『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨン監督でしたからね。

サイボーグスーツに、タイムマシンに、大地震に、ま~出てくるわ出てくるわの展開で、
ハッと気づくと、自分、口をあんぐり全開に大開けで見入っていて、
「ちょっとどうよ、このストーリー?」なんて斜めに見る暇もなく惹きこまれてしまい、
気づいたら泣いてるしー(あれれれ)
それもこれも綾瀬はるかちゃん演じるサイボーグと小出君演じる情けないジロー、
それぞれ二人とも、はまり役だったからだと言えます。

とにかく、綾瀬はるかちゃんが美しかった!&可愛かった!
バンバカ食べまくるシーンもあるんだけど、それがまた、下品にならずキュートで!
はれまー、と愕然とするくらい、スタイルもいいし、目の表情もいいし、
(途中で寄り目のシーンがあるんだけど、CG?寄り目CG?と感じるくらい見事な寄り目だった)
エヴァンゲリオン実写(アメリカで予定されているらしい)を日本版でやるなら、
彼女に綾波レイを演じて欲しいと思ったくらいに、バッチリでした。
ストーリーは未来と現代、そして過去、と三つ巴になるんですけど、最後の最後で
「あー!こう繋げたんだー!で、こうなるんだね・・・なるほど、ふむふむ」と、
巧い纏まり方で(ちょっと突っ込みどころがあったけど)、
予想していたよりかなり可愛らしく、そして楽しめた作品でした。
デートにいいんじゃないでしょうか~。 ←余計なお世話


ところで夜の新宿、それも厚生年金会館(JR駅より徒歩10分弱)、
やはり緊張しました。一足入ると、歌舞伎町なり御苑なり2チョ、でしたので。
特に1本道間違えると「あらーん、いやーん、ばかーん」って
言いたくなるような店構え&通行人ですから、中学生を通すような道ではありませぬ。
実際「あ、映画館、ここにもある~」って、危ない映画館を指差されました(滝汗
週の真ん中だったこともあり、結局食事もままならず、終了後トットと駅に向かい、
原宿ではなく新宿ですが、何故か道端でクレープ食べて帰りました。

新宿クレープ クレープも美味しかったようなので、それで良し、としましょう。

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。