*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ペネロピ』
先月になりますが、映画館で見た映画「ペネロピ」

ペネロピ クリスティーナ・リッチが豚鼻の少女に扮する奇想天外なロマンティック・コメディ。名家のお嬢様ペネロピは、先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、生まれた時から豚のような鼻を持っている。彼女は自分の顔を見ても逃げなかった唯一の青年マックスに恋をするが、実は彼の正体はペネロピを狙う新聞記者が送り込んだスパイだった……。共演は「ラストキング・オブ・スコットランド」のジェームズ・マカボイ、リース・ウィザースプーンほか。(作品紹介より)



先祖の悪行のせいで魔女の呪いを受け、豚鼻を持って生まれてきた良家のお嬢様・ペネロピ。
そのペネロピが呪いを解いて幸せになるまでのお話。
大人向けのファンタジーでした。

クリスティーナ・リッチは特殊メークで豚鼻になっているんだけど、キュート。
呪いを解くために、セレブなママはいろいろあの手この手のお見合い合戦。
それも呪いが解けるのは、「”仲間”に愛され、愛を誓わねばならない」、
ママンは良家同志の結婚が呪いが解ける鍵と思い奮闘するのだけど・・・・・
この呪いへの解釈がずっとこの映画に生きています。

何が幸せなのか、どうすれば幸せになるのか、凄くやさしく語りかけてられてるような映画でした。
結局、自分を縛るのは自分で、何が大切なのか、それさえキチンと掴めれば、
女の子っていうのはいつでも誰でも幸せになれる、っていういろんなおとぎ話がありますが、
豚鼻を隠しながら、自分で自分の道を切り開いていこうとするペネロピは、
現代の女性の強さを表していて、共感しやすく、現代のおとぎ話として語られてもいい作品かも。
最後、「自分の心に呪いをかけるのは自分」という、子供の台詞が凄く印象的でした。


さてさて、一緒に鑑賞した娘ですが、感想を訊ねると、「ふつう」とのお答え(^^;
ちょっと難しかったかも。。。。
まだまだ恋をするには早いお年頃なのね~、と再確認した夜でした、まる。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリスティーナ に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。