*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット砂漠
♪この東京砂漠~  西新宿でのお勉強会会場から臨む東京砂漠

高所恐怖症には無理 下を見るとこんな感じ・・・・・ブルルr 
 

ネット社会と家庭生活について思うことをちょっとツラツラと・・・・

先日、
「●●市の小学生を何月何日何時頃に一人殺す」
という、書き込みがネットにあり、該当する地域の小学校が騒然となりました。
各小学校・緊急のお手紙が回り、学校によってはPTAだけでなく、父兄が登下校付き添ったり
緊迫した状況に陥りました。当日は何の被害もなく過ぎていったのですが・・・
後日、警察より犯人確保され、
犯人は、「■■県の小学校中学年の女児でした」との発表がありました。

中学では放課後先生がパソコンに張り付いて、自分の学校の誹謗中傷されていないか、
特定の生徒の名がネットに揚げられていないか、チェックするのが大変だそう。
(実際、息子の学校にはタレント活動している子もいるので、その辺りも心配されている)
関連記事:個人情報 暴露して攻撃 ←クリックすると飛びます

最近読●新聞でもずっとネット社会の問題を取り上げています。

読●新聞(2/29):安易な発信 生活も「炎上」 ←クリックすると飛びます
読●新聞(3/5):口コミ神話 欺くブログ ←クリックすると飛びます

3/5の記事はまた、別の観点ですけれど、安易な発言が大きな問題を起こし、
本人が安易だったと気づく時にはもう、取り返しがつかない状態になっているのがネット。
ネットの世界もどんどん低年齢化している。
リンクで飛んでいって、偶然であったブログを読んでみると、
中学生のブロガーだったり、小学生の創作小説だったり。
ネットマナーというより、ネットの恐ろしさを知らずにネットの世界に入り、
知らず知らずに犯罪に巻き込まれたり、犯罪を犯したり。
「そうなるなんて思わなかった」では済まされない事態にまで堕ちる。

ネットについて。
学校でも家庭でも、深く考えるべき時代が来ているのを痛切に感じます。
保護者としてすべきは、まず、危機感を持つこと、知識を持つこと、
時代の変化を感じること、話し合う環境を持つこと、なんでしょう。
性教育(STD&HVI)とともに。

都庁 夕闇にそびえたつ都庁

テーマ : 考えさせるニュース
ジャンル : ニュース

Secret
(非公開コメント受付中)

確かに
ネット砂漠ですね(^^;

ある程度の分別のつく大人なら
大丈夫な事も子供じゃそうはいかないですもんね。
何も身につけてない状態のまま
砂漠の中に放り込まれる、又は入っていくのと同じですよね・・・
やっぱりある程度の知識は大事だと思います。
いろいろ難しい世の中ですね(*・ε・*)


本当にそうですよね。
私ももうじき高校生の妹がいるので、私にとっても差し迫った問題です。
ネットが身近になったことで闇世界が身近になりました。
まだ自分で自分の心身を守れない好奇心旺盛な子供達が、標的になっている時代です。
子供達にネットの恐ろしさを教え、性についての考察を促すだけでは、子供達は守れません。
結局は子供は親の背中を見て育ちます。
恐らく、興味本位でネットに夢中になってる親を見て、真似する子供が少なくないはずです。
ネットは時間と身体を切り離す媒体でもあります。
子供が身近にある大人こそが、性についての在り方とそして生活の在り方を見直さなくてはならないんだと思います。
そうですよ
>Ru~さん

難しいですよ~、今の子供の世界っていうのかな。
子供って大人が思うほど、イイ子でもおとなしくもないもので(笑)
その辺り、保護者がきちんと管理すべき部分だと思うんです。
やっぱりね、時代に合わせた知識って必要です、まず大人に。
ネットでも新聞でも、ニュースを読むと、本当に危機感が募ります。
ネット社会、なんだか無法地帯化しているのを後追いで整備しているのを感じるんですよ。しないよりはマシなんですが。
危険予測
>カンさん

その通りです。考察を促すまでは学校教育でもやってくれます。要はそこから先が問題で、大人と子供の関係がどう繋がっているのか、そこが決め手だと思います。
でも、なんでも学校や子供のせいにしちゃたり、諦めちゃう親を見かけますが、そんな親の態度をも子供は冷静に見ているんですよね~。私は素直に親から学んだ部分もあるけれど、反面教師にしている部分も大きいので、絶えず自分を正さないといけない、と感じている部分が多いです。

ちょっとお話はずれますが、子供に伝えるべきこと、って、別に、何何するな、コレはダメ、ではなくてね、こういうことはするとどうなるか、どんなことが起きて結果周りはどうなるのか、危険予測っていうんでしょうか。
自動車教習と一緒です、危険を予測して運転する。安全を守る、危険な事をするとどんな事が起きるのかを予測し、回避する行動の大切さ。
失敗するのは悪いことではなく、むしろ歓迎すべきことだと言う側面もありますが、してはいけない失敗、取り返しのつかない失敗っていうのは必ずありますから。家庭でその辺りをきちんと話し合えたらいいと思うんです。ま、私も親としても人としても日々精進です(^^;
なるほど
危険予測、そうですよね…。
それって教え方の基本でもありますよね
例えば数学を教えるにしても、子供が考えるのに付き合わずにさっさと答えを教えてしまったら、いつまで経ってもその子のものになりませんもんね。

話変わりますが、バーチャル性の特色は虚飾性に限りません。
それに関しては、関係が続けばどこかで食い違いが生まれる為見極めがつくかも知れません。
一つ、リアルでは自分をさらす人を選べますがネットではそうはいかないという点が挙げられると思います。
けれど、誰が見てるか分からないのに、ブログや掲示板といったツールは自分を暴露しやすい。
相手よりも自分ありきの世界だからです。
またあるいは膨大な知識が氾濫している、これもバーチャル性の特色です。
身体を付けずに済むので処理速度が速いですから。これもまた見方によっては多大な問題を含んできます。
となんだかんだ言ってみても、めちゃめちゃ便利なので、捨てるわけにはいかないんですけども。。
バーチャル
v-22カンさん

>教え方の基本

何かを自分の物にする時って、必ず自力が必要じゃありませんか?
他人にいくら言われたって、きっとこうだと方法が分かっていたって、本当の意味で自分の物になるときは自分が苦しむこと(考えること・体験すること)に勝るものはありませんから。見守ることの大事さってあるなーって良く思います。

>バーチャル性

うーん、考えさせられる考察、ありがとう!(こういうの好き♪)
もっとよく考えてみます。
ネットで自分をさらす、という行為ですが、「さらしている」という自覚、ここがポイントかと思います、自分とネットとの関係のコントロールにおいて。
確かに便利なんですよね~。でも、諸刃の刃だとも実感しております。難しい所です。。。でも、負けんゼヨ!←意味不明
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。