*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Night Museum
渋谷のBunkamuraでの「ルノアール+ルノアール展」貸切招待券GET
夜の7時半から定員制、夜の美術館、ゆっくり見れました

ルノアール+ルノアール テーマは「家族」だろう、ということで、娘と一緒に夜の渋谷へ(コワ~・・・)

ルノアール+ルノアール展(Bunkamura):印象派の巨匠・ルノアールと映画監督である次男のジャン・ルノアールの共演の特集。いたるところで父・ルノアールの描く人物画、そしてそれにちなんだ息子の映画の1コマがそれぞれ上映。2005年にパリで開催され、大きな反響を呼んだ展覧会の日本上陸。

ご招待っていうことで(かどうかは知らないが)音声案内が無料で使えました。
その案内の中で印象的だったジャン・ルノアールの言葉で、
「映画も絵画も一緒で、芸術ではなく実践だ」
音楽もそうだから、付け加えて!と、心の中で妙に突っ込んでしまった(笑)

一番印象的だったのはこの1枚 (娘は違う絵を選んでました)

陽光のなかの裸婦(試作、裸婦・光の効果)  「陽光のなかの裸婦(試作、裸婦・光の効果)」 (画像公式HPより転載)

ルノアールの裸婦、または女性、こども、とにかくふくよか。
幸せの匂いがするほどふくよか。ぷにぷにのぽよんぽよんのパンパン。
ルノアールの「白」のコントラストはとにかく柔らかさを際立たせて
それが生きる喜びを描いているのが伝わってきます。

とにかく全体を通して感じたのはルノアールの愛。
生きる喜びをお気に入りの人間を通して描いたルノアール、
そして父・ルノアールの愛を映画を通して表現した息子、ジャン・ルノアール。
ジャンの多くの映画に、父の描いた絵画とほぼ同じ構図があらわれていて、
随時上映されていました。
なんでそこまで・・・と思ったら、次男のジャンは54歳の時の子。
絵が売れ始めた頃で、とにかく出来るだけ全ての愛をジャンに注いだんでしょうね。

とにかく定員制だったので、ゆっくり見れたのが最高でした。
近くでジーーーーーッとみつめると凄くタッチが粗いんだけど、
ちょっと離れて見ると、とても優しく柔らかく感じて、
去年5月のモネ展をちょこっと彷彿させられた夜でした。
モネ展、もう一度行けば良かった。。。。


余談ですが、久しぶりの渋谷、娘と一緒なのはお初の渋谷、
ちょっと興奮気味の渋谷お初の娘とおしゃべりしながらの道中は楽しかった。

ガラスのティンカーベル ガラス細工のティンカーベルがいたかと思えば

インドのお札ガチャポン タイの神様ガチャポン タイの御守とインドの神様ガチャポン

モノも人も多国籍な渋谷。
人ではロシア系イケメンサラリーマンが左手にノートパソコン開いて(それもB5サイズ以上だった)、右手で操作しながらシャキシャキ歩いているのが素敵でした。 


なんだかんだとお食事済ませ、夜の電車に娘と飛び乗ったわけですが!
混んでます・・・・・で、おやぢ風サラリーマンが週刊チャンピョンもって
先にご乗車されていたんですけど、妙に礼儀正しい。(失礼!)
漫画がぶつかると、「あ、すみません(勿論無言)」という感じに小心笑顔。
横向きに立っていて、あら~、なんだか和やか~、と思っていたら、
身長180センチ越えのイケメンサラリーマンご乗車。
私と娘に背中を向けて、ドドン!と立つ。
立つのはいいんですけれど・・・コートが臭い!(うわわわわー)
黒いスウェードのロングコート、何故か●ロ臭が・・・酔ってないのに何故・・・
娘がモロにその後ろに立ち、地元駅に着いたときには息絶えてました。。。

教訓:サラリーマンの方、コートにファブリーズを!(携帯してね)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。