*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「君のためなら千回でも」
昨日~今日にかけて読んだ本

 「君のためなら千回でも」 カーレド・ホッセイニ著

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「君のためなら千回でも!」召使いの息子ハッサンはわたしにこう叫び、落ちてゆく凧を追った。同じ乳母の乳を飲み、一緒に育ったハッサン。知恵と勇気にあふれ、頼りになる最良の友。しかし十二歳の冬の凧合戦の日、臆病者のわたしはハッサンを裏切り、友の人生を破壊した。取り返しのつかない仕打ちだった。だが二十六年を経て、一本の電話がわたしを償いの旅へと導く―全世界八〇〇万人が涙した、衝撃のデビュー長篇。



表紙が印象的でさわりだけ立ち読み
最初の書き出しが忘れられず、一ヶ月迷った末に上巻だけ購入
そして翌日には下巻買ってました
しばらく読み返すかもしれない
(そして今、娘がすごい勢いで読んでます。分かるんだろうか?)


1960年代の平和なアフガニスタンから1973年クーデター、
ソ連によるアフガニスタン侵攻、タリバン政権時代、2001年アメリカによる空爆、そして今
波乱に翻弄されたアフガニスタンを背景に描かれているテーマは「贖罪」
ニュースでしか分からなかったアフガニスタンの状況がかいま見られるのもあるけれど
それ以上に主人公アミールの弱さ、迷い、衝動、罪への意識、認識、
決意と贖罪、そして行動への描き方が丁寧、というか、分かりやすく共鳴しやすい
それからアミールの父、ハッサンの父、周囲の登場人物の
アフガニスタンの男という生き方、イスラムの男の生き方、というのか
生き方の土台に宗教がある、というのか
日本文化との違いが鮮明で強烈でした


2月に映画化される作品だというので、検索してみたら
各映画賞総なめ してました(愕然)

映画オフィシャルサイト → こちら
映画プロダクションノート → こちら
映画批評サイト「映画ジャッジ」 → こちら

続きは↑と関係ありません・・・
その他
立ち読みした本はこちら(だって高いんだもの)

 『「綺麗な人」と言われるようになったのは、四十歳を過ぎてからでした』  

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
中年になるのは大変だ。「今がいちばん楽しい」といえるようになるために。

【目次】(「BOOK」データベースより)
劇場にはたくましく美しい人生がある/「田舎の茶髪」と「都会の茶髪」。違いは必然性と努力である/ニューヨークグリルのランチで目撃した中年女性のグループにショック!/メールを始めてから知ったドキドキ後の空しさ/ババシャツを自分に許した日、私の中で、何かが終わった/糟糠の社長夫人たちの堂々とした宝石、素直にカッコいいと思う/クローゼットを開けて、好きなブランドについて考えてみた/若さがもてはやされる仕事にこそ、女としての生き甲斐がある/再考「バーキンは女の貨幣である」論/銀ブラは、いつも緊張して〔ほか〕

これは雑誌「STORY」に掲載されていたエッセイを纏めたもの
真理ちゃん(←勝手に呼んでる)、相変わらず・・・・・・・・
お金があったら真理ちゃんみたいな生活したい(涙)

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

Secret
(非公開コメント受付中)

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。