*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
詩集
最近読んだ本記録・その2

 「落ちこぼれ」茨木のり子詩集

茨木さんの詩はご本人も言ってらっしゃるけれど
とてもストレートで、解釈を加えられなくてもグイグイと迫ってくる詩ばかりです
何度読み返しても、気持ちが静まり耳を澄ませてジッと待っていると心に響いてくる
そんな詩ばかり


 「一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある」

1 願い(ひとつやくそく(糸井重里)/どんな人にも(立原えりか) ほか)/2 喜び(今日(工藤直子)/眼覚めた時(葉祥明) ほか)/3 だいじょうぶ(泣いたりしないで(福山雅治)/笑うこと(田中章義) ほか)/4 もうすぐ(未知へ(木村信子)/Any(桜井和寿) ほか)/5 生きよう(百日目(津坂治男)/わたしの中にも(新川和江) ほか)


様々なジャンルから詩を集めた1冊
歌詞も詩として読むと違う物に見えるから不思議

2冊とも水内喜久雄さんという方が選者になっています
どんな方なのか調べてみたら、元・小学校の先生でした
簡単に人の命を奪ったり、自分の命を捨てたり、そんな報道ばかりの毎日に
詩を愛し、詩を紹介することを通して何かを変えていきたい、伝えていきたい
そういう気持ちが伝わってくる、二つの詩集でした


続きは有名な詩と表題の詩を


自分の感受性くらい

           茨木のりこ


ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性ぐらい
自分で守れ
ばかものよ




       落ちこぼれ

             茨木のり子
   
        落ちこぼれ
           和菓子の名につけたいようなやさしさ
        落ちこぼれ
          今は自嘲や出来そこないの謂
        落ちこぼれないための
           ばかばかしくも切ない修業
        落ちこぼれこそ  
         魅力も風合いも薫るのに
        落ちこぼれの実  
         いっぱい包容できるのが豊かな大地
        それならお前が落ちこぼれろ
           はい 女としてとっくに落ちこぼれ
        落ちこぼれずに旨げに成って
           むざむざ食われてなるものか
        落ちこぼれ  
           結果ではなく
         落ちこぼれ
            華々しい意思であれ




テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

Secret
(非公開コメント受付中)

うっわ~~!!
ばかものって私です~~(><。
>熊ねぇさん

ひゃ~~!!

「ばかものよ」 これは自分が自分に言っている言葉なんですよ~
この詩は茨木さんの詩の中で一番有名な詩ではないかしら
故・逸見政孝さんが紹介されていたのが一番記憶の中では古いです
ドラマ・金八先生(実は見たことない)でも紹介されたそうですよ
よろしければ手にとって見てください、詩集
あ、私この人の詩大好きですhttp://blog113.fc2.com/image/icon/e/328.gif" alt="" width="14" height="15">
自分を持て余した時に詠むと、霧が晴れるようです。
>カンさん

おぉ~~!!
詩友ですね~~~、今度語り合いましょう、うふふ♪
自分を持て余すこと、幾つになってもありますよ~
この詩集表題の「落ちこぼれ」の詩には救われたような気持ちになりました
今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。