*All archives* |  *Admin*

2009/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ミルク』
GWにレイトショーにて鑑賞。。。。。GWってどうよ自分、と思うのですが、やはり記録として。

20090506012217.jpg 『 MILK 』

『自らゲイであることを公表した活動家ハーヴィー・ミルクの生涯を描いた伝記映画』(ウィキペディアより)
伝記映画・・・まさにその通りの作品でした、1999年に「タイム誌が選ぶ20世紀の100人の英雄」に選出されたハーヴェイ・ミルクが、サンフランシスコに移住してから暗殺されるまでの8年間を描いた映画です。
'84年アカデミー長篇記録映画賞他を受賞したドキュメンタリー映画『THE TIMES OF HARVEY MILK』(関係者のインタビューと当時のニュース映像を中心に構成されている)が土台となっている、って言っていいでしょうか。

1972年のニューヨーク。
40歳になる前夜、ミルクは、20歳年下のスコットと出会い、恋に落ちる。
二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店。
そこはたちまち同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクは彼らを快く思わない保守派に対抗した新しい商工会を結成する事になる。
社交的でユーモアにあふれたミルクは、近隣住民の抱える問題に、政治的により関わりを深めていく。
(goo映画)

男性同士の恋愛も描かれてはいますけど、この映画は一人の政治家のお話です。
マジョリティーが良いとかマイノリティが悪いとか、そういった主張も描いていません、
ミルクを暗殺するダン・ホワイトでさえ悪役ではなく、政治家としての苦悩を描いています。
マイノリティがどう闘ってきたか、ハーヴェイの成したこととは何か、その原動力は?
当時の映像を交えながら客観的に観ることができ、そういう側面からも秀作だと思います。
オスカーは脚本賞も受賞しています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : ミルク ショーン・ペン

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。