*All archives* |  *Admin*

2008/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「題名のない音楽会」を見た
日曜日朝9時。
息子は模試へ、娘は朝一で「20世紀少年」を観に行った&起床後だった(!?)のでTV独占。
いつもはコレ↓を見ていた・・・・・(娘が大好き)
鬼太郎

が、今日は初めてこちらを拝見いたしました
「題名のない音楽会」

佐渡さんってこの方だったのね(最近知った;^^)。
佐渡裕  ← 司会の佐渡裕氏 お~、素敵 

佐渡さんのサイト?は二つ 
  ⇒ 佐渡裕の題名日記 (「題名のない音楽会」始めてからの日記が読めます)
     「裕・遊・YOU」~佐渡裕Officialsite (2005年10月までの日記が読めます)

9月7日の放送はベートーベンの交響曲第7番でした(サイトより転載)
♪1:ベートーヴェン 交響曲第7番 イ長調
作曲: L.v.ベートーヴェン
指揮: 佐渡 裕
演奏: 兵庫芸術文化センター管弦楽団

ベートーヴェンの交響曲の中でも大変リズミカルな曲で、リストはこの曲を「リズムの神化」と、ワーグナーは「舞踏の神化」と称したほどです。今回は青島広志さん扮する青島トラボルタが「ダンス」を、佐渡が「びっくり」をキーワードに全4楽章から構成されるこの曲の魅力を紐解きます。青島広志さんのイラスト、そして衣装にもご注目下さい。


ベートーベンの第7番を各楽章に分け、青島広志さん(お初に見た)が自分なりの解釈で踊りに見立て紹介(イラストと踊り)、ゲスト?の小朝師匠もコメントし、その後佐渡さん指揮で演奏される、という、とても楽しい番組でした。
この第7作曲時にベートーベンが17歳の娘に熱烈ラブレターを書き振られた(当時ベートーベン40代)だの、その娘にむけてかかれたのが、かの「エリーゼのために」だっただの、ベートーベンは気難しい事で有名だが実は恋に対して情熱多き人だったのでは、と。
そういえば小学校の時、そんなお話を音楽の先生に聞いたことあったなーっと回顧。

ちなみに青島広志さん、作曲家・ピアニスト・司会者・イラストレーター・少女漫画研究家だで、公式サイト入り口に可愛らしい自画像イラストが・・・
⇒ 公式サイト 実際見ていて、本当に音楽が好きで可愛らしい方だなーっと思いましたが如何?

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 題名のない音楽会

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。