*All archives* |  *Admin*

2008/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士山で学んだこと
そんなに饒舌でもおしゃべりが好きなほうでもないけれど、
どんな人とでも話をするのは抵抗ないタイプで、相手もそれがわかるのか、
いきなり問答のような会話が始まることがあります。

富士山登頂ツアーでお世話になった富士山ガイドのプロ・yamaちゃんと
山の話をしている中で、

「富士山登頂の次にどこかお薦めの山はあるか?」

と、問いを投げかけると

「それは何を楽しむか、だ」と投げ返されました。

今回の富士山登頂のように、ご来光や夜空を鑑賞することを目的とするのか、
高山植物や木々の緑、空気とのコラボを楽しむのか、
それとも大雪渓を見に行きたいのか、
自分の中で、何故山に行きたいと思うのか、何を求めるのか、考えろ、と。

話をしながら、ふと気づいたのは
そうなんだ、何を見たくて、どこの山にいこうか、それを考え始めたときから
登山なんだ、旅は始まっているんだ、ということ。

例えば安易に
この週末暇だからどこかにいこう、あら、お手軽なバスツアーがあったわ、
お弁当もつくし、添乗員さんもつく、時間も管理してくれるし楽だわ~、
で、旅に出るのも良い、とは思うんです。
でも、多分、
ああ、今年こそ高遠の桜を見に行きたい、何時だったら時間が取れるだろうか、
予算はいくらだったら出せる?どうやって行こう・・・・
で、行き着く先が同じバスツアーだった、としたら、
多分、前者と後者では得る物が違う。
前準備、というか、求めるものがあるか、ないか、
どちらが良い、悪いとかではなく、一つの分岐点だと思う。


多分彼にとっては何の気なしの無い、
何千人に言ったか分からない会話の一つかも知れない。
結局、具体的な場所の名前は出てこなかった。
でも、
考えてみろ、探してみろ、そして行ってみろ、とyamaちゃんから教わった気がして、
次を考える為にも、また、これからのトレッキングへの関わり方を思っても、
この富士山登頂で得た大きな収穫となりました。

yamaちゃん、そして富士山、謝謝、再見!


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。