*All archives* |  *Admin*

2007/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深層心理バトン
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
懐かしい家
先週の事ですが、行って来ました 「江戸東京博物館
両国、国技館近くにあります。国技館に大相撲観戦に来たことはありますが、ここは初めて~。
門をくぐるなり、いきなり亀に乗った巨大像が・・・こ・コレは何???

家康像 ・・・・何故この家康像に乗っているんだろう???

続きを読む

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

気が付けば
2ヶ月が経っておりました、ここに構えて。
あらら・・・・1ヶ月毎にブログの事を振り返ることにしよう、
と思っていたのに、すっかり開始の日付を間違えていました。
17日だと思っていたら、6日だったらしい・・・・あははは。
ま、結婚記念日も毎年忘れている(間違える?)ような人なのでこんなもんでしょう。

続きを読む

メールアイコン
今日のお勉強の成果

mail_icon01 メールアイコン

・目標:封筒を開いてピッと取る、というイメージを作成してみました
・反省:分割しすぎたかも・・・

お持ち帰りになりたい方はご自由にどうぞ
画像上で右クリック→「名前をつけて画像を保存」→ご自分のブログなりに貼り付けて出来上がり
gifで4KB、軽いです

テーマ : ブログパーツ
ジャンル : ブログ

ルー語効果
またもや仕事でAさん(適当に仮名)と大バトル
Aさんとは仕事上、ほぼ毎日バトルしているような気がするけれど・・・

バトル後、Aさんがフロアから去っていったら
若社員・大くんがニコニコしながら寄ってきたので
私「Aさん、また愚痴るかもだけど、宜しくね」と、言うと
大くん「大丈夫ですよ。今日、Aさん、ご機嫌スラッシュですね。任せてください!」

ご機嫌スラッシュ・・・・ はぁ?それは何?と言う顔で呆然としていると

「ご機嫌斜めってことですよー」@赤面大くん

・・・・・・・・・・スラッシュ=ななめ  

「ルー語かいっ!」
と、大爆笑させてもらい、なんだか気が晴れ、その後のAさん日記(バトル後いつも世間話で和を持とうとAさんの日常話が繰り広げられる)も平常心で聞けました。
癒されました、ルー語の威力、恐るべし。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

ママな一日
朝、会社行って怒涛の如くの電話をかけまくり、朋ちゃん、後はよろしく!と、11時退社。
今日は娘がお休みなのだ。

続きを読む

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

思考言動
人と話すときって、何を考えます?

続きを読む

今日のお手伝い
20071110005551

同僚Kさん(28歳既婚男性・東京ヴェルディサポーター)より
「東京ヴェルディのJ1昇格祈願五万羽鶴で翼を作ろう」(勝手に命名)イベントのお願いで緑の折り鶴オリオリ
昼休みはコレで潰れました・・・・、が、昇格した際にはおでん屋さんで奢り酒が待っています
頑張れ!ヴェルディ!
しかし、鶴の折り方、忘れてネットから折り方出しました・・・・・トホホ

驚き
こんなのもあるのね、ネットって・・・・

ダイエット☆マメグラフ

確かに一人で地道に取り組むよりはやる気になるよね

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

最近読んだ本
「さよなら」が知っているたくさんのこと   唯川恵著・新潮文庫



恋愛と言う宗教があったとしたら、ちょっと自分はのめりこめないなーっと思い
正直、現代の恋愛小説ってほとんど読まない
「唯川恵」さんってその恋愛小説のイメージが強く(というか、それがテーマな作家)
実は一冊も読んだことはない

じゃあ何故手に取ったか、というと、
某新聞の夕刊に載っていた彼女へのミニインタビューが面白かったから
(クリックするとインタビュー内容に飛びます↑)
とにかく、本屋で見かけた著書を何冊かパラッと立ち読みしてこの本を購入しました
平成十三年に発行されたエッセイ集(二十一刷だった)です

テーマはやっぱり『恋愛』なんだけど、
それだけじゃなくって女性そのものの生き方を捉えていて
全体的にとにかく優しいタッチで日常やら友人との会話やらを元に書かれています
雰囲気は著者のイメージと重なります(著者近影そのまんまっていうか)
共感できるモノがあちらこちらに散らばっていて、恋愛教に入りにくい私でも、
あ、いいかもね、恋愛って大人になるのに必要ね  ←おい、いくつだよ!
と、思える1冊でした
エッセイの最後の方に『親愛なる「あなた」へ』という題で
自分から自分へあてた手紙を書いています
次の誕生日にでも、自分も自分にあてて書いてみるのも面白そう
恋愛体質でもない自分がこうも共感できるっていうのを考えると
結局、恋愛でもそうじゃなくってもなんでも、女性として生きていく上で悩んでいく事って一緒なのかもね
秋の夜長によろしければお供にどうぞ

あ、それからこの本はなんたって薄くて¥400だったのだ
ここはポイント高いですよ



以下、「BOOK」データベースより情報が転記されています
ご興味のある方は続きをどうぞ

続きを読む

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

今日のお天気

       
RED RIBBON LIVE

in Herbst


NOW OPEN

unsupported.

 steal into the closet 

最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
携帯投稿的日常


プロフィール

 百

Author: 百
日常の出来事を通じて感じた事を徒然と書いていきます

【プロフ写真】
原宿・表参道で見つけた小さなグランドピアノ
幼稚園の頃初めて弾いたピアノもこんな感じのだったなあ

最近の記事
メールフォーム
ご用のある方はこちらまで。出会い系のお誘い等はご遠慮します。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。